薄毛症状が起こるの原因は?

髪は頭部を直射日光や暑さ寒さから守り、外部の衝撃から保護するクッションの役割を果たしています。髪を含むすべての体毛は、伸び続けるわけではなく、成長しては抜け落ち、同じ毛根からまた新しい毛が生えてくるというサイクルをくり返します。

これをヘアサイクルといい、「成長期」「移行期」「休止期」の3期に分けられます。

【ヘアサイクル】

・成長期

毛母細胞の働きが活発化され、毛が伸びる時期です。毛母細胞は、頭皮の真皮層にある毛根の根本である毛球と呼ばれる場所に存在しています。毛細血管を通して栄養や酸素を受け取り、分裂を繰り返すことで新しい毛が作られると共に太く長い毛へと成長していきます。

通常2~6年くらい、今生えている頭髪の85~90%です。

・移行期

毛母細胞の働きが緩やかになり、成長期から休止期に移行する過程の時期です。脱毛に向けて、毛球が真皮層から表皮へと少しずつ動き出します。

約2週間、今生えている頭髪の1%です。

・休止期

毛母細胞の分裂が完全に止まる時期です。脱毛の準備が完全に整えられた状態でもあり、軽く引っ張っただけで毛は簡単に抜け落ちます。

約3ヶ月間、今生えている頭髪の9~14%です。

休止期に入ると、毛包の長さ(毛根部分の長さ)は、成長期の2分の1から3分の1くらいになり、毛幹(見えている毛)は、皮膚表面近くまで押し上げられ、やがて脱毛します。

 

脱毛して、薄毛になるの原因は?

・乱れた食生活

忙しいときについつい行っちゃう外食。外食の食事には食品添加物、塩分、糖分、脂質が多く、体に必要な栄養バランスが偏りがちです。近年、日本人の食生活が欧米型にシフトしていることで、高カロリーな食事の過剰摂取やビタミン・ミネラル不足が問題となっています。高カロリーな食事は血行不良の原因にもなります。

髪を育成するにも栄養が必要になります。栄養バランスが崩れていると髪に必要な栄養も不足しますので、髪も十分に育てることができません。結果、髪が細く短いままに抜け落ち、薄毛の原因となってしまうのです。

・仕事などのストレスによる

ストレスがかかる環境に置かれていると、不思議なもの次第に慣れてきますが、無意識にでも身体はだんだんと悲鳴をあげてきます。症状は個人差もあり人それぞれですが、不眠症、偏食、胃痛、肩こり、偏頭痛、うつなどがあります。

その中に薄毛もあります。

毛根に通っている末梢神経と毛細血管は、毛母細胞に栄養を届けるという重要な役割を担っています。ところが、過度なストレスにより自律神経のバランスが崩れたり血行不良が引き起こされたりすると、栄養を届ける機能が低下し脱毛が促進されてしまいます。

・乱れた生活サイクルによる

髪のもっとも伸びやすい時間帯って知ってますか?実は午後10時から午前2時頃とされています。この時間帯に起きていると髪の成長が邪魔され、十分に髪が成長できなくなってしまいます。

睡眠中は頭皮も紫外線やチリなどで受けたダメージを回復させるととともに、皮膚や毛、骨に多くの血液が届けられ、細胞の生まれ変わりが進みて、髪の毛を成長させています。毛の成長のためには、良質な睡眠が必要不可欠なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です