効果がある育毛剤ランキング

男性向け、女性向けの育毛剤から、まつ毛やまゆ毛の育毛剤まで、大量の育毛剤が発売されていますが、結局どれがどんな特徴をもっていて、本当に効果があるのでしょうか?意外と知らない育毛剤として販売されている商品の特徴について、徹底検証してみました。本日からの薄毛・ハゲ対策に活かして見てくださいね。

・安全性は高いが・・・安易に手を出すのは待ってほしいM-1ミスト

ここからはネットでも良く見かける育毛剤として、M-1ミストを取り上げます。独自開発した「酵母」が髪の毛の元となる毛母細胞の成長を促進させることができるとして、眠っている細胞を起こし、今ある髪の毛も太く丈夫に成長させることを目的とした育毛剤です。

確かにこの育毛理論と効果は素晴らしいし、何よりも肌への刺激物を一切使わず、アルコールすら排除した肌への優しさは高く評価できます。

しかしその一方で抜け毛の防止を目的とした、DHT抑制成分は含まれていません。医薬品と違い発毛の促進効果は緩やかなものとなりますから、なおさら抜け毛を防ぐ成分も使っていかなければ効果は薄い・・・効果なしと言う人が増えるのであると見ているのです。

育毛に勤しむ有志のブログなどを見ていると、何とM-1ミストと他の育毛剤を併用して使っているというレビュワーも多い。併用できるほど安全な育毛剤であることは間違いないのですが、いやそもそもそんなにお金あるならばAGAクリニックへ行くか、別の育毛剤に絞って使いなよ・・・と思ってしまいますね。まあ私自身もこれだけを単品で使うことは無いということから、買ってはいけない育毛剤に入れています。

・独自成分が魅力的だが・・・ポリピュアEX

M-1ミストと共通点が多い、独自開発のバイオポリリン酸と言う成分を配合したポリピュアEX。こちらは毛母細胞に髪を作る指令を送る、毛乳頭細胞の活性を高めるという成分であり、アプローチ先が微妙に異なっています。

M-1・・・毛母細胞(分裂して髪の毛そのものを作る)

ポリリン酸・・・毛乳頭細胞(毛母細胞の分裂を促進)

2つを同時に使いたいと思わせるような育毛理論です。

しかし同じくDHT抑制効果の成分は配合されてはいますがヒオウギエキスの1種類のみ。植物エキスなうえに、正直具体的なエビデンスには乏しい部分もある成分1種類で、どこまでAGAに対応できるかは疑問。

総合的に抜け毛防止から髪の毛の成長までカバーできる育毛剤であるとはいえないのが残念なところなのです。

あくまで単品で使うという選択であれば、ポリピュアも個人的にはおすすめできない育毛剤であるとしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です