こんな生活習慣がある人薄毛ご注意!

今はまだ薄毛に悩んでいなくても、将来禿げやすそうな人の特徴というのがあります。禿げる人の特徴は頭皮や髪の毛、また日頃の生活習慣や行動パターンなどにも現れるので、どういった事が当てはまるのかを知って回避する必要があります。

これをしている人はなるべく早くやめましょう!

1・タバコやお酒が大好きな人

タバコに含まれているニコチンは血管を収縮し、全身の血行不良を招く作用があります。頭皮の血行不良は毛根に栄養が行き渡らず、抜け毛や薄毛に繋がる危険性もあります。さらに喫煙はビタミンCを破壊することでも知られており、髪の毛の生成にも悪い影響を及ぼすことが考えられます。

適度なお酒の量は良いとされていますが、アルコールの飲み過ぎは髪に必要なアミノ酸がアルコールの代謝で消費され、ビタミンや亜鉛などのミネラルの吸収を阻害、さらに脱毛を招く男性ホルモン(DHT)を増やす作用もあると言われています。

ストレスが原因でタバコやお酒に頼ってしまうと、一時的には落ち着くかもしれませんが、薄毛にとっては最悪なコンディションを作り上げてしまいます。全体的な薄毛を改善したければ量を減らし、やめる努力をしましょう。

2・過度にダイエット中の人

女性の薄毛の原因として過度なダイエットがあります。「〇〇抜きダイエット」や「〇〇だけダイエット」は栄養不足を引き起こします。

私たちの体はタンパク質でできており、髪の毛もタンパク質でできています。またタンパク質から髪の毛が合成されるのにビタミンやミネラルなどの栄養も必要です。

偏食や栄養バランスの悪い食生活を続けていると髪への栄養が不十分になり、髪が弱ってしまったり抜け毛の原因に、薄毛やハゲの原因となる可能性が高くなります。

無理なダイエットをしていると貧血を起こしやすくなりますが、これも髪の毛に栄養が届かなくなることと関係がありそうです。

むやみに食事制限をするのではなく、バランスを重視した食事と適度な運動で、美しい髪の毛も一緒に手に入れましょう。

3・母方のおじさん/祖父が薄毛な人

遺伝で薄毛になってしまうかを簡単に見極める方法はただ1つ。お母様方の兄弟やおじいさまの頭皮をチェックしてみてください。

もし薄毛である人の割合が多い場合は、もしかするとあなたも薄毛になってしまう可能性があると言われています。

実は、男性ホルモンに関する遺伝子は、主に母方から受け継がれるんです。 だから、お母様の家系を見ればわかる確率が高いと言われています。

4・ワックスは毎日付けるけど朝シャンな人

ワックスを毎日つけるけど、朝シャンな人も要注意です。ワックスの”カス”を取り除かない状態で夜を過ごすと、間違いなく髪の毛の成長を阻害してしまっています。

これでは頭皮が、休むことなくワックスのカスの脅威にさらされていることになります。

心当たりがある人は、ワックスをつけないか、朝シャンをやめるか、せめてどちらかにしましょう。

5・スマホ/PCを1日8時間以上見る人

スマホ/PCを1日8時間以上見る人も注意が必要です。理由はやはり「眼精疲労」。

側頭部を中心に薄毛がどんどん進行してもおかしくありませんよ。PCやスマホの視聴時間は、どれだけ長くても4~6時間ほどの時間に抑えるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です